モテない男性でもデートに持ち込めるアプリの使い方

スマホのイラスト

普段、女性となかなか付き合えないという男性も、マッチングアプリを利用して出会いを求めることがあるでしょう。
しかし、普段から女性慣れしていないと、マッチングアプリでいくら女性と出会う機会があっても、デートまで至りません。そこで、モテない男性でもデートに漕ぎ着ける方法を教えます!

マッチングしてすぐラインに移行しようとしない

マッチング後、たいしたやり取りもないまま、すぐラインに移行しようとする男性がいます。
アプリを続けているとお金がかかる、アプリを開くのが面倒臭い、といった理由が大半ではないでしょうか。中には、気に入った女性なので、他の男性に取られたくないから早めにラインを交換してしまいたいという人もいるかもしれません。
いずれにせよ、マッチング後すぐラインに移行したいのは、男性側の都合でしかありません。

また、ラインに移行出来たからといって、相手との距離が一気に縮まったと勘違いする男性もいるかもしれませんが、距離感はさほど変わりません。女性からの返信が早くなるとも限りません。

まずは、アプリ内でしっかり信頼関係を築き上げてからラインに移行した方が、お相手の女性と会える確率は上がります。最初からガツガツし過ぎると、警戒心を抱く女性も少なくありません。

相手に興味があるような内容のメッセージを送る

なるべくやり取りが続くように、メッセージには1つ質問を入れましょう。相手に興味があるという気持ちを示すには、相手のことを知ろうとする姿勢が大切です。それに、質問をすることで、お相手も返信しやすくなります。
興味があるという気持ちが伝わらないと、相手の女性もだんだんメッセージを続けている意味がわからなくなってきます。

また、メッセージの内容がいくら長文で、自分のことばかり伝えても、相手に気持ちが伝わるとも限りません。必死なのは伝わります。ただ、恋愛は一方的に気持ちを伝えるだけでは、先に進めません。

会話はキャッチボールをしなければ続きませんが、メッセージも同じで、自分のことを語るだけでは一方通行で終わります。相手にきちんと興味を持っているという気持ちを伝えつつ、やり取りを進めましょう。

相手の意見には同意する

お相手と意見が食い違うこともあります。ですが、相手の話を常に否定していたら、だんだん話していてもつまらないと思われてしまいます。

意見が違うこともあって当然ですが、頭ごなしに否定するのではなく、まずは相手の意見に同意します。その上で、別の意見があることを伝えれば、相手も嫌な気分にはなりません。お互いに新たな考えを知ることで、会話もさらに弾みます。

人は他人に認められると嬉しいものです。どんな些細なことでも、いちいち揚げ足を取ったり否定していれば、喧嘩にもなりかねません。そんな男性は嫌われます。

相手を褒める

メッセージのやり取りをしている中で、ライバルに差をつけるならば、どんなことでも構わないので、お相手の女性を褒めましょう。

まだ会う前の段階なので、何を褒めていいのかわからないという場合もあるかもしれません。
写真の印象でも構わないですし、趣味を褒めても良いでしょう。例えば、料理が趣味ならば、「家庭的で素敵な女性ですね」といった具合です。また、やり取りしている中で、「〇〇さんとメッセージをしていると楽しいので、返信が来るのを待ってしまいます!」など、素直な気持ちをぶむけるのもアリです。

女性の立場になって考えた時に、女性が喜びそうな内容をたまに入れることで、相手も気分が良くなります。他人から褒められて嫌な気分になる人はほとんどいません。面と向かって気持ちを伝えるのが苦手な人でも、メッセージでは相手の女性をたくさん褒めてあげましょう。

マッチングアプリも普通の恋愛も、結局のところ、相手の気持ちを掴めなければ、デートに持ち込むことは出来ません。普段、女性とデートする機会がないという男性は、女性のハートをしっかり掴めるようなやり取りをして、ライバルに差をつけてくださいね。女性の気持ちを掴めさえすれば、デートも夢じゃありません!